CEO BLOG

常川友樹(ワンダープラネット代表取締役CEO・名古屋の起業家)のブログです。

PROFILE常川友樹プロフィール
1981年生まれ、愛知県出身。ワンダープラネット創業者。社内で開発される全てのプロダクト・サービスの総責任者およびエグゼクティブプロデューサーを務める。

かっこよすぎないこと

DATE: 2013年 8月 14日 / POSTED BY: TSUNEKAWA / TAGS:

すっかり世の中はお盆休みですし、今回はゆるめのネタで。

この歳(32歳)になって、最近、
かっこよすぎないことが大事なんじゃないか、
思うようになりました。

若い頃って、とにかくかっこつけたくて、
なんでもかんでもキマってないと気が済まない。

起業家的な例を出すなら、若い頃は、
会社の名前やロゴから始まり、プロダクトの内から外まで、
もうとにかく全部シャレオツにしたくて仕方がない。

でも、自分以外の人からすると、
・読みにくい
・覚えにくい
・使いにくい
そもそもこいつ何言ってるかわからない 
みたいな感じになっちゃって、
ただの自己満で終わる可能性が高いと思います。
(自己満は成功への大切な要素でもありますが)

特に、我々と同じ業界の人たちではなく、
プロダクトのユーザーさんになるような一般の人たちには、
我々が考えるカッコイイものって、少々とっつきにくい

ちょっとダサイぐらいのほうが親近感がわくし、
幅広い層の人たちに触れてもらいやすいのです

ソフトバンクのCMとか、良い例だと思います。
パズル&ドラゴンズってタイトルも、同じ匂いがしますね。

で、実はそれって、企業やプロダクトだけじゃなく、
個人にも当てはまるんじゃないかなぁ、と思ったり。

ただし、「ちょっとダサイのか」「ガチでダサイのか」
ハンドリングは非常にシビアですので、難しいところです。

アクセス

アクセス

このエントリーをはてなブックマークに追加
©2016- WonderPlanet Inc.

MENU