CEO BLOG

常川友樹(ワンダープラネット代表取締役CEO・名古屋の起業家)のブログです。

PROFILE常川友樹プロフィール
1981年生まれ、愛知県出身。ワンダープラネット創業者。社内で開発される全てのプロダクト・サービスの総責任者およびエグゼクティブプロデューサーを務める。

『新作ツクール』ゲームコンテスト

DATE: 2014年 4月 4日 / POSTED BY: TSUNEKAWA / TAGS: , ,

今日は『新作ツクール』のプレゼン発表日でした。
新作ツクールとは、要するに社内新規事業コンテストです。

エンジニアやクリエイターの社員はもちろんのこと、
アルバイトや、今月入社の新卒社員、非開発職社員まで、
ワンプラメンバー全員が参加資格を持ち、
経営陣へ自分たちが考えた新作ゲームの企画を提案します。

私としては、すでにいくつかの開発案件がありつつも、
現場がゼロから生んだ作品も世に出してみたいなーと思い、
このコンテストはスタートしました。

今回、記念すべき第1回のテーマは、
“半年後のGoogle PlayとApp Storeを席巻せよ!”

優勝者には、予算と優秀な仲間が与えられ、
自分が考えたゲームを事業化できる大きなチャンスになります。

おまけとして、経営陣との適度に豪華な会食も付いてきますが、
厳しいツッコミも入るはずなので、罰ゲームかもしれませんw

コンテスト発表からプレゼン日までが2週間という短期間ながら、
全社員30名中20名が参加するという大盛況になりました。
(なぜか経営管理部からも参加している。。)

よく、「ワンダープラネットの社員さんは優秀ですね!」
と名古屋地区を中心に様々な方々に褒めていただくのですが、
全社的なこの熱量は、経営者として心から自慢できます。

そして、参加者と審査員、全員が真剣勝負で向き合った結果、
社内はいつも以上の熱気に満ち溢れ、初開催とは到底思えない、
クオリティの高いゲーム企画ばかりが集まりました。

だからこそ、、、個人的には全員優勝にしたいんだけど・・・
残酷にもこの中から、選ばれし者を決めなければいけません。

でも大丈夫、新作ツクールのような新規事業コンテストは、
ワンプラの文化として、今後も実施していきます。
今回ダメだった人は、悔しさを近い将来の活力に変えましょう。

半年後、もしワンダープラネットからヒット作が生まれたなら、
それは今日の優勝者による情熱と魂の証なのかもしれません。

アクセス

アクセス

このエントリーをはてなブックマークに追加
©2016- WonderPlanet Inc.

MENU