ワンダープラネット株式会社 採用サイト

クリエイターと一緒に
世界に打って出る
おもしろさを分かち合う。

経営企画部経理・税務 T.M

  • 前職自動車部品メーカーの内部監査
  • 入社後経営企画部

ワンダープラネットに
入社した理由は?

世界を舞台に、打ち勝つ可能性を感じた

前職では内部監査として、社内のさまざまな部署を回り、業務の効率化や問題点を調査し、改善指導を行っていました。現場や海外子会社も含めて忙しく飛び回り、それなりに充実した日々を送っていました。そんな中、「地方から世界を目指す」をテーマにした講演会にプライベートで参加。そこで、ゲストスピーカーとして登壇した当社CEO常川の話を聞き、「地元にもおもしろい企業がある」と衝撃を受けたんです。
それから数ヶ月後、講演会のご縁で会社を訪問。狭いオフィスながらも、若いエンジニアたちがいきいきと開発に打ち込むベンチャーの雰囲気に圧倒されましたね。そこで会社のビジョンなどを聞き、世界を舞台に成長していく可能性を感じて「自分も参画したい」と思いました。

今の仕事の
面白さとは?

受け身ではなく、自ら考え挑む責任感

今の仕事内容は、これまで経験のあった経理や会計の分野を中心に、幅広く担当しています。しかし、経理ひとつとっても前職とは勝手が全く違うことが多く、社内はもちろん、外部の専門家からもお力添えをいただいて、一つひとつクリアしています。
そして、前職と何よりも大きく違うのが、自身の責任感だと思います。当社では、開発スタッフ全員が真剣勝負で仕事に取り組んでいます。だからその分、管理部の私も真剣に向き合わないと、取り残されてしまう。自ら考え挑むスタイルには、責任も伴います。正直、辛いこともありますが、それ以上に大きなやりがいを感じているのも事実です。誰かの指示を待つ様な受け身では務まらないのも当社の特徴。今、社会人として、人間として、大きく成長できていると実感しています。

これから
挑戦したいことは?

クリエイターが輝ける職場をつくりたい

ここ名古屋は教育熱心な土地柄。専門学校をはじめ優れたクリエイターを育成する場が多くあります。しかし、そこを卒業する彼らの多くは、東京や大阪に行ってしまう。若いクリエイターたちに、当社のように地元でも世界に向けて仕事ができる場があるということを、もっと知ってほしいです。
そして私は、彼らが働きやすい環境をバックアップしていきたいと思っています。そのために、より現場の声に耳を傾け、生の意見を取り入れていきたい。クリエイターとできるだけ同じ目線で物事を考えられるよう、努力を続けていきたいです。もちろん職種は違っても、お互い真剣勝負で切磋琢磨することで、スキルアップにもつながると信じています。これからも名古屋で育ったクリエイターたちが活躍できる場を提供していきたいです。

旅行に出かけて羽を伸ばしています

休日は、旅に出てリフレッシュ。写真は香港旅行の時のものです。香港の返還記念に、中国から寄贈されたバウヒニアのモニュメントをバックに撮影。自宅で過ごす時は、新書を読んでいることが多いですね。偏った人間になりたくないので、様々なジャンルをまんべんなく読むようにしています。また、陸上部だった中学時代に戻り、ランニングをしていることも。

ある1日のスケジュール

10:00〜 出社・進捗管理 メールとビジネスチャット、スケジュールに一通り目を通し、本日の仕事を整理
11:00〜 超朝の会 現在の会社の状況や方針、社内の取り組みを確認
12:00〜 決め会 各チームの具体的な進捗状況の確認、問題点の共有、意思決定
13:00〜 お昼休憩
14:00〜 請求書確認 その日届いている請求書を確認し会計システムに記帳をしていく
15:00〜 チームの仕事のレビュー チームメンバーの上げてきた仕事を確認し、進め方の方針を決める
16:00〜 顧問税理士とミーティング 顧問税理士と定期的にミーティングの場を持ち、会社の現状の税務上の相談を行う
18:00〜 契約書ドラフト確認 会社が取引先と締結しようとしている契約内容を確認。弁護士にも適時相談を行う
21:00〜 発注書、契約書類押印・発送手続 取引先との書類関係の作成・発送をする
22:00 退社

その他の仲間を知る