ワンダープラネット株式会社 採用サイト

これからもずっと、
自らの手で
開発し続けるのが夢。

ゲーム事業部アプリエンジニア(Cocos2d-x) K.F

  • 前職電機メーカーのSIer
  • 入社後Cocos-2dxリードエンジニア

ワンダープラネットに
入社した理由は?

エンジニアとして現場から離れたくなかった

前職はSIerとして、お客様の要望をシステムに落とし込む作業を担当していました。しかし、経験を重ねるごとに、実際手を動かしてプログラムを組む仕事より、お客様との交渉や仕様の取りまとめ、進行管理などがメインに。「やっぱりプログラミングがしたい!」と強く思い、転職を考えました。
当時は、とくに業界にこだわりがなかったのですが、当社のプログラミングに集中できる環境や、エンジニアを大切にする風土に惹かれ、ゲーム開発を意識しはじめました。入社を決心したのは、会社を見学した時。明るいBGMが流れるオフィス、私服で思い思いに仕事に取り組む社員たち、全体から漂う自由な空気…。ここで自分もスキルアップしたい!そう感じさせる雰囲気でした。正直、先輩エンジニアのレベルについていけるかなという不安もありましたが、好きなことができるという期待が大きかったです。

今の仕事の
面白さとは?

ユーザーや仲間の反応がやりがいに

現在は、開発チームの取りまとめを担うリードエンジニアとして、クラッシュフィーバーのアプリ開発を担当。バージョンアップ時のリリース作業も行なっています。プロデューサーやデザイナー、エンジニアたちと創り上げたプログラムを問題なくリリースできるかどうか、アップロードする瞬間は毎回プレッシャーで手に汗握りますね。リリース後は、ユーザーからの反応がすぐに返ってくるのが楽しみ。中には厳しい指摘に心が折れそうになることもありますが、「新機能いいね」とお褒めの言葉をいただくと創り手としての喜びを感じます。
また当社は、個人の裁量も大きいので「ユーザーのため」という目的さえブレなければ、自分のやりたいように自由に機能を工夫することもできる。ログイン時の読み込みスピードUPなど、一見わからない細かな部分までこだわって難題を一つひとつ解決し、「そんな機能も実現してたんだ!」と仲間を驚かせるのも面白いですね(笑)。

これから
挑戦したいことは?

エンジニアとして高みを目指す

今後の目標は、クラッシュフィーバーの完成度をより高めることです。当社のバリューにも掲げられている「1%を追い続けよ。」は、ずばり私のエンジニアとしてのこだわりそのもの。不具合の改善も、該当箇所だけを修復するのではなく、他のプログラムに影響がないかなど厳しく見極めながら、地道に、確実に実践していきたいです。
個人としての目標は、スキルアップし続けることですね。現在はCocos2d-x専門のプログラマーなのですが、ゆくゆくは3Dゲームの開発にもチャレンジしたい。当社は、3Dの開発環境も整っているほか、社員が「やりたい!」と手を挙げることには、積極的にチャレンジさせてくれる社風なので、技術の習得は決して夢ではありません。エンジニアとして思う存分、色んなことにトライできる今の環境に、とても満足しています。

休日も自宅でプログラムを書いています

休日も、大好きなプログラムを書いている時が幸せ(笑)。仕事ではC++にかたよってしまうことが多いので、自宅ではC#を触るようにしています(LINQ大好き)。プログラムにつまった時は、料理を作ります。作っている時は頭が空っぽになるので、リセットするのに最適なんです。最近は揚げたての唐揚げをつまみに、ビールを飲むのがお気に入りです。

ある1日のスケジュール

10:30〜 出社 その日のスケジュールを確認
11:00 朝スクラム アプリ開発チームで作業予定や問題点などを共有
11:15〜 プログラミング 午前中は作業がはかどります
13:00〜 お昼休憩
14:00〜 リードエンジニア会 各プロダクトの主要メンバーが集まって技術的な情報や課題を共有
15:00〜 プログラミング 眠くなりがちな時間ですが、昼休みにお昼寝を心がけています。午後からの効率が全然違います
17:00〜 スクラムセレモニー チーム全体で現在のプロダクトの状況の共有、開発スケジュールの確認、成果物の共有などを実施
19:00〜 プログラミング 一日の締めとして、メンバーがあげてくれたソースコードのレビューなども行ないます
21:00 退社

その他の仲間を知る