ワンダープラネット株式会社 採用サイト

挑戦できる環境で
エンジニアとしての
大きな夢を実現したい。

ネイティブアプリケーション事業部Unityエンジニア M.O

  • 前職ゲームプログラマー
  • 入社後Unityエンジニア

ワンダープラネットに
入社した理由は?

作りたいものが作れる。そう直感したから

当社に入社するまでは、東京のゲーム会社でプログラマーとして働いていました。しかし、私も妻も東海エリア出身で、いずれは地元近くに住みたいという思いがあったためUターンすることに。転職先を探していたときに、地元の知り合いから紹介されたのが当社です。
その後、当社のWebサイトを見て俄然興味が沸き、さっそく人事の方にコンタクトを取りました。人事の方とお会いした際、当時開発していたゲームの話を熱く語られていたのが印象に残っています。オフィスも見学したのですが、今よりも小さなオフィスにスタッフがひしめき合い、熱気があふれていて、これぞベンチャー!という空気を感じました。私は、そこに企業としての可能性を感じ、迷わず入社を決心。転職活動で面接を受けたのは当社1社だけだったのですが、「ここなら、私が作りたいものが作れるはず」と直感で確信したので、改めて他の企業を探すこともありませんでした。

今の仕事の
面白さとは?

様々な意見を出し合い、より良いプロダクトに

入社後、まず驚かされたのが、職種の垣根を超えた活発な意見交換。スタッフ一人ひとりが自分の考えをしっかりと持っていて、発言も積極的。クラッシュフィーバーの開発においては、まだ企画書段階のゲームのモックアップを製作していたのですが、開発者たちが様々にアイデアを出し合い、より良いものに進化していく楽しさを体感しました。もちろん今も、たくさんの刺激をもらっています。
今は、Unityを使った新規タイトルの開発に専念する日々です。Unityを使うのは自分自身初めてでしたが、新しいことに挑戦できる毎日にワクワクしています。時には行き詰まることもありますが、エンジニア仲間に相談するなどお互いに知恵を出し合いながら解決できる。様々な課題を乗り越え、自分のノウハウに変えられる今の環境は、技術者としての成長を大きく後押ししてくれています。

これから
挑戦したいことは?

私が担当しているゲームのリリースに立ち会うこと

直近の目標は、今担当している新規タイトルのリリースです。実は、入社してから自分が担当したゲームのリリースにまだ立ち会った経験がなく、今からドキドキしています(笑)。
さらに先の目標としては、人工知能を取り入れたゲーム開発をしたいと思っています。もともと大学で人工知能の研究をしていたので、それを現在の仕事に活用していくのが夢ですね。例えば、対戦を繰り返すごとに、相手のコンピュータープレイヤーが成長して、だんだん強くなっていく…などの構想を描いています。まだ社内の誰にも話したことがない、自分だけの秘密だったんですが(笑)。でも当社なら、そんな大きな夢も決して夢物語では終わらせない、実現への可能性が開けていると信じています。

夫婦で動物園の散策がお気に入り

休日は、妻と一緒に、自宅近くの東山動植物園によく散歩に出かけます。お気に入りは、私たち夫婦の間でブームのタヌキです。話題のイケメンゴリラ「シャバーニ」には目もくれず(笑)、愛らしいタヌキに癒されています。あとは、ボードゲーム。勝つための手を深く考えるのが楽しくて、あれこれ考えを巡らせているうちに、気づくとハマっていました。

ある1日のスケジュール

9:00〜 出社 メールとビジネスチャットで本日のタスクをチェック
9:15〜 コードレビュー エンジニアチームのメンバーが書いたプログラムをチェック
11:00〜 朝スクラム クライアント開発担当のエンジニアで集まり、 前日の業務を確認・本日の業務を共有
11:30〜 デプロイミーティング クライアント開発担当、サーバー開発担当、レベルデザイン担当との間でゲーム設定データに関する変更点を共有
12:00〜 タスク管理 クライアント開発のタスクを整理、担当者を割り振る
13:00〜 昼食 外食派です
14:00〜 仕様確認 これから実装する予定の機能の仕様をプランナーに確認。サーバー開発担当やデザイナー担当ともすり合わせ
16:00〜 夕方スクラム 各班のリーダー同士で進捗を共有
17:00〜 実装 クライアントプログラムの不具合を修正や気になるコードの整理をします
20:00 退社

その他の仲間を知る