ワンダープラネット株式会社 採用サイト

エキスパートたちが
切磋琢磨する環境で
自らもさらに上を目指す。

ネイティブアプリケーション事業部サーバーリードエンジニア S.K

  • 前職サーバーエンジニア
  • 入社後サーバーリードエンジニア

ワンダープラネットに
入社した理由は?

「大量アクセスを捌く高速なシステム」に挑戦したかった

前職では、エンタープライズ向けのクラウドプラットフォームシステムの開発運用を担当。当社の存在は前々から注目しており、基幹業務システム開発が多い名古屋において、自社サービスを提供している当社をなんとか盛り上げられないかと考えていました。そんな中、クラッシュフィーバーがリリースされたのですが、直後に長期メンテナンスという緊急事態に。その大変な現場状況を耳にする機会があり、サーバーシステムのパフォーマンス改善に奮闘中であることを知りました。
私は以前からサーバーシステムの高速化にやりがいを感じる性格で、ソーシャルゲームの開発やisuconというサーバー高速化の大会を通して経験を積んできた自負もありました。そんな自分の目の前に表れた「かつてないほどのアクセス数を捌かなければならない」というミッション。どうしてもそれにチャレンジしたいと考える様になり、当社への入社を決めました。

今の仕事の
面白さとは?

プロ集団の一員であることに誇り

現在は、クラッシュフィーバーのサーバーエンジニアとして、APIシステムの開発とインフラの構築運用を担当しています。自分が楽しいと感じるプロダクトに関われているだけでなく、そのプロダクトが日々の運営でどんどん成長し続けている状況に大きなやりがいを感じる毎日です。そして、新しい技術や手法に積極的に挑戦できる当社の自由な環境も、私にとてもマッチしています。
また、クラッシュフィーバーのチームメンバーはスキルもモチベーションも高い。クラッシュフィーバーは、そんなスタッフ一人ひとりのプロ意識と高度なスキルをひとつにすることで、形にできたプロダクトです。決して一人では作り上げることのできないものを手がけていることに誇りを感じます。

これから
挑戦したいことは?

新しい開発環境を研究中です!

ここ最近の挑戦は、クラッシュフィーバーのTVCM放送に備えたサーバーシステムのパフォーマンス改善です。プログラム変更、ミドルウェアのチューニング、ストレステストを繰り返し行い、1ヶ月後には目標値をたたき出し、CM放送後の大量アクセス時も安定稼働させることができました。この時の達成感は忘れられません。
今後の目標は、これまでと変わらず、ハイパフォーマンスなサーバーシステムを開発運用することです。スマホゲームはサーバー通信することが当たり前ですが、大量アクセスのあるサーバーを安定稼働させることは未だに難しいことです。もっと多くのユーザーがもっと当たり前にスマホゲームを通して繋がり合うことができる様に、より高速で安定したサーバーシステムを開発運用したいと考えています。その目標のために今使用している技術にこだわらず、より適した技術を研究中です。

体と手先を動かすことがとにかく好き!

週末には綱渡りのようなスポーツ「スラックライン」を楽しんでいます。最初はラインの上に立つことさえできなかったのですが、続けることで少しずつ新しい技が出来る様になっていくのが楽しいです。また、仕事では手に取って触ることのできないプログラムを扱っているせいか、プライベートでは手を動かすモノづくり(ワッペン、電子工作、チョコレート作り)を楽しんでいます。

ある1日のスケジュール

10:00〜 出社  社内システムにて、全社/クラッシュフィーバーチームの情報確認
10:30〜 チームのタスク確認 サーバーチームの1日の情報共有のためのGitHub issueを立てる
11:00〜 プロデューサーとミーティング プロデューサーと進捗会議
11:30〜 チームのタスク状況を確認 GitHub issue確認/管理、PullReqレビュー
13:00〜 お昼休憩 プランナー、アートディレクターと情報交換ランチ
14:00〜 リードエンジニア会 リードエンジニアで集まり、技術/ノウハウを共有
15:00〜 クラフィ海外版チームとのミーティング クラフィ海外版チームとの進捗確認、アプリアップデート/インフラスケール計画を作成
16:00〜 開発 開発環境の改善、新技術の調査
18:00〜 サーバーチームの夕会 前日の日報で議題に挙がった内容についてサーバーチームでMTG
19:00〜 チームのタスク状況を確認 チームメンバーの進捗状況を確認し、サポートが必要な部分がないかチェック
20:30〜 一日の振り返り 日報をGitHub issueに書く
21:00 退社

その他の仲間を知る