ワンダープラネット株式会社 採用サイト

ベンチャーならではの
事業スピードに乗って
幅広いナレッジを自分のものに。

ネイティブアプリケーション事業部ディレクター T.A

  • 前職パチスロアプリ制作会社のエンジニア
  • 入社後アプリエンジニア → プロデューサー → テクニカルディレクター → リードエンジニア → ディレクター

ワンダープラネットに
入社した理由は?

開発に熱中する技術者の空気に魅了された

以前勤めていた会社では、パチスロ連携サイトの制作などを行っていました。しかし、当時はWeb開発がメインで、担当していた内容もシンプル。そんな中、エンジニアとしてもっと複雑なロジックにふれたいと思い、ゲーム制作会社への転職を決意しました。最初は東京を目指していたのですが、エージェントから「名古屋にもおもしろい会社がある」と紹介されたのが当社。高度な作り込みが必要なネイティブアプリを開発している会社だったので、これだ!と思いすぐに面接を受けました。
入社の決め手となったのは、面接後に見学したオフィスです。小さな部屋でたくさんのエンジニアが開発に熱中する様子にワクワク感が詰まっている感じがして、その場で「ぜひ働かせてください」と伝え、その日の内に内定通知を受け取りました。

今の仕事の
面白さとは?

ベンチャーならではのキャリア変遷で成長中

私は入社後、さまざまな職種を経験してきたのですが、中でも記憶に残っているのは入社直後のこと。バトルコアの設計・実装を担当していたのですが、当時まだ真新しかったCocos2d-xに思わず没頭し、仕事にのめり込む毎日でした。あまりの楽しさに、移動中や自宅でもプログラミング。前職では、早く帰ることしか考えていなかった私が、です(笑)! その後、社内の新規事業コンテストで、自分の企画した新作ゲームをプレゼンしたところ優勝。ゲームを事業化すべく予算とチームが与えられ、一気にプロデューサーへと転身。その後も、経験を生かしてテクニカルディレクターを務めたり、リードエンジニアとしてチームをまとめたり…。こんなに多様なキャリアを積めることは、一般的にそうないと思います。今はディレクターの立場で、新しいナレッジを蓄積中。ディレクターとしてのマネジメントやビジネス的数値の見方など、これまでとはまた違うスキルや視点の習得を楽しんでいます。

これから
挑戦したいことは?

もう一度、ゼロから1を生み出したい

ゼロからゲームを形にしたプロデューサー時代の経験と、現在の大規模プロダクトのディレクション経験を生かして、次のステージに挑戦したいです。具体的には、以前社内コンテストで発表したMOBAのゲーム開発に再チャレンジしたいと考えています。当時と同じ企画ではなく、開発手法、期間、予算、マネタイズなど、これまで培ったノウハウを総動員して、現在の市場にあったものを作ってみたいです。
当社には、ベンチャーならではの猛烈なスピード感があります。10年後はもちろん1年後でさえ、自分がどんなポジションにいるかわかりません。ただ、どんな立場であっても、当社であればその仕事に没頭できるだけの魅力がある。自分に巡ってきた仕事をチャンスとして大いに楽しみ、成長につなげていきたいと思います。

ゲーム開発のお陰で囲碁の腕が上がった!

小さい頃、祖父の家にあった碁盤でよく遊んでいました。最近、久しぶりに囲碁を打ったら、ブランクがあったにも関わらず、腕がすごく上がっていてビックリ(笑)。ゲームを開発する中で、展開の読みが鋭くなったお陰かもしれません。また、少しでも時間が空けば、自宅でもプログラミング。なんだかんだ言っても、プログラムをさわっているときが一番幸せです!

ある1日のスケジュール

10:45〜 出社・朝スクラム プログラマー、デザイナーなどのチームに分かれて行われる。週によって重点的に見るチームを変えてバランスよく参加している
11:00〜 超朝の会 CEO常川の話など全社的な状況共有を週1で行っています
12:00〜 決め会 プロダクトの状況報告をし、やるべき事とやらない事を素早く決める
13:00〜 ランチ お昼は大体カレー。ビーフカレーを何も考えずに口へ掻き込む
14:00〜 週次進捗ミーティング 外部パートナー様と週に1度成果物の進捗を見せて課題を洗い出す
16:00〜 夕方スクラム 各チームリーダーが集まり1日の進捗を共有する、進め方に問題があればその場で改善していく
17:00〜 デザインミーティング キャラクター、エフェクト、UIの品質を確認して、目指すべきゴールを共有する
20:00〜 クライアントミーティング 実装状況の確認や人材アサインの整理を行う
21:00〜 進捗確認 プロダクトが計画通り進んでいるか、意図しないタスクが走っていないか、差し込みで入ったタスクが処理しきれているかなど随時確認して、アラートをキャッチする
22:00 退社

その他の仲間を知る