ワンダープラネット株式会社 採用サイト

爆発的な成長力を持つ
当社だからこそ
貴重な経験がたくさん積める。

ネイティブアプリケーション事業部ローカライズプランナー W.C

  • 前職ゲームライター
  • 入社後ローカライズプランナー

ワンダープラネットに
入社した理由は?

当社のゲームに圧倒的なパワーを感じた

台湾で生まれた私は、小さいころから日本のゲームやアニメーションの大ファン。ゲーム業界に進みたい一心で、ニュージーランドの大学ではコンピュータサイエンスを専攻し、第二言語として日本語を選択したほどです。大学卒業後は台湾で5年間海外営業として勤務。前職ではゲーム関連のライターとして記事を執筆していました。
しかし、大好きなゲームをプレイするだけでは飽き足らず、「開発する側で仕事がしたい!」と、転職活動をスタート。そこで紹介されたのが、当社でした。面接に臨む前にクラッシュフィーバーを体験してみたところ、今まで経験したことのない斬新な発想力に爆発的な魅力を感じ、一瞬でとりこに(笑)。面接では、プロデューサーのゲームに対する熱い想いや会社の将来性を感じて、入社を強く希望しました。

今の仕事の
面白さとは?

台湾の神様をモチーフにしたキャラを考案

ゲーム開発未経験の私にとって、入社後は毎日が新しい発見の連続。知らない技術や情報に触れることも多く、学ぶことがたくさんあります。そんな中、クラッシュフィーバーの繁体字中国語版のリリースに、ローカライゼーションとして参加。まずは、日本語を繁体字にするため、現地のパートナーカンパニーと協力して翻訳作業を進めました。急ぎで翻訳が必要な場合は、私自身が率先して翻訳作業をすることもあります。さらに、プロデューサーやディレクターと相談しながら、限定企画のアイデアも練りました。繁体字中国語版には、私が考えた台湾の神様・媽祖(まそ)をモチーフにした、限定キャラクターもいるんですよ!
リリース後に台湾のチャットグループに入って、ユーザーからのうれしい反応をもらった時は、まるで自分の子供を褒めてもらったみたいで、本当に感動しましたね。当社は、私にとって今までの経験をフルに発揮しながら挑戦し、能力を伸ばしていける場所だと思います。

これから
挑戦したいことは?

新タイトルのディレクターを目指します!

現在、当社では海外出身のスタッフはまだ少ないですが、そのプレッシャーを感じることはほとんどありません。一緒に働くスタッフが、「仕事相手」というより「同じ目標に向かう仲間」と感じるからかもしれません。仲間だから、困っていると誰かが自然とサポートしてくれる。海外出身のスタッフにとっても、働きやすい環境が整っていると思います。
今は繁体字中国語版をリリースしたばかりで、細かい調整作業が続いています。しかし、今後は新しいタイトルのディレクターを目指したい。ゆくゆくは、チームのリーダーとして活躍したいと思っています。さらに、今回の経験を生かして、たくさんの海外版をリリースしたいですね。ゲーム開発初心者の私が、そんな大きな夢を持てるのも、当社の恵まれた環境のお陰です。この会社でもっと経験を積み、そしてたくさんの熱い仲間と出会いたい。そして、会社と共に成長するのが私の夢です。

日本三大温泉を制覇したい!

休日の楽しみは、友人の家で食事をしながらボードゲームをすること。ゲームを楽しみながら、それぞれの近況を報告するなど、コミュニケーションをとれるのが魅力です。写真は草津温泉に行ったときのもの。浴衣を着て部屋での食事、日本ならではの情緒ある景色。こんな温泉巡りにハマっています。日本三大温泉を絶対に制覇します!

ある1日のスケジュール

10:30〜 出社・進捗管理 メールとビジネスチャットを確認し、本日の仕事スケジュールを整理
11:00〜 超朝の会 週一回行っている会でCEO常川から現在の会社の状況や方針を共有して頂く。同僚から仕事についての経験などを共有して頂く
12:00〜 ゲームイベント確認 開催予定のゲームのイベントスケジュールを確認し、タスクを整理
13:00〜 お昼休憩 チームメイトとランチ。現在のゲーム問題点や解決策を話して、意見交換
14:00〜 翻訳会社と打ち合わせ 翻訳が必要な物をまとめて、スカイプで担当者と打ち合わせ
15:00〜 アート制作会社と打ち合わせ 開催する予定イベントのバナーの修正が必要な部分について、スカイプで打ち合わせ
16:00〜 SNSサイトでフィードバック確認 各SNSサイトでユーザーの声を確認し、返事をします
18:00〜 ゲームお知らせの作成 イベントスケジュール一覧を確認して、イベントバナー、ユニット画像、文章など必要な物をまとめて、お知らせ記事の作成
20:00〜 ゲームの安定性確認 配信した繁体語版を試して、不具合が起こらないかを確認
21:00 退社

その他の仲間を知る