ワンダープラネット株式会社 採用サイト

会社やゲームが成長すると共に
プランナーとしても
スキルアップを実現。

ネイティブアプリケーション事業部プランナー Y.F

  • 前職プランナー
  • 入社後プランナー

ワンダープラネットに
入社した理由は?

共に成長できる可能性を信じて

名古屋の専門学校を卒業後、東京の制作会社に就職。そこではプランナーとして、アプリや映像、CGなどの企画開発を担当していました。少しずつですが順調に仕事の経験を積んでいた頃、急な私用で地元にUターンすることに。名古屋で転職先を探している時、専門学校の先生から紹介をいただいたのが当社でした。正直それまでは、地元にこんな魅力的な会社があるなんて、思いもよらなかったです。人事の方の「世界を舞台に発信する」というビジネススケールに興味をもち、さらに面接時に見せてもらったクラッシュフィーバーβ版動画のおもしろさに会社の将来性を感じ、ここで働きたいと強く思いました。
入社を決心したもう一つの理由が、会社の規模と雰囲気。完成された大企業の組織で働くよりも、まだ若く未知なる成長の可能性を秘めた当社の方が、私自身の成長にもつながると思ったのです。

今の仕事の
面白さとは?

1年で約800体のレベルデザインを担当

現在はプランナーとして、クラッシュフィーバーのレベルデザイン全般を担当。キャラクターの性能やスキル、クエストの設定を行っています。これまで発表されたキャラクターのうち、800体くらいは私が手がけました。入社してまだ1年くらいですが、短期間で膨大な経験を積ませてもらえたことは、プランナーとして大きな財産になっています。失敗も数え切れないほどありますが、その分学びも多く、レベルデザインの中でも難しいクエストの難易度設定のスキルが磨かれるなど、成長の手応えを感じますね。
また、先輩・後輩や職種の垣根を超えて、気軽に話ができるフラットな職場の空気も、仕事の楽しさを後押ししてくれています。余計な気遣いをすることがないので、自分がやりたいことを言いやすく、意見も聞き入れられやすい。気持ちよく働ける環境は、クリエイティブな仕事をする上で、とても重要であることを日々実感しています。

これから
挑戦したいことは?

日本で作った「楽しいね!」を、今度は世界に届けたい

先日リリースした繁体字中国語版を皮切りに、次は世界を舞台にクラッシュフィーバーを成長させていきたいですね。具体的には、海外のユーザーの思考や好み、文化を調査分析し、地域に合わせたキャラクターを充実させていくことが目標です。私はクラッシュフィーバーのリリース前に入社したのですが、今は、ゲームが成長するとともに会社の規模が大きくなっていくことも、仕事のやりがいにつながっています。この波に乗り、私自身も会社と一緒に成長を続けていきたいですね。
また、仕事面以外でも、もっと色んな「楽しいね!」を経験して、自分自身の引き出しを増やしたいと思っています。当社には「100の遊びに学べ。」というバリューがありますが、仲間たちと、どんどん実践していきたい。まずは、自分の趣味のボードゲームから(笑)!皆を楽しく巻きこんでいきたいです。

仲間とコミュニケーションが深まるボードゲームが好き!

休日は、趣味のボードゲームでよく遊んでいます。頭も使うし、参加者同士のコミュニケーションがなによりも楽しい。そこで共有する「楽しいね!」は、仕事に生きていると思います。まとまった時間がある時は、地元のスポーツセンターで体を動かしています。汗をかくことで、仕事でフル回転の頭をリフレッシュさせています(笑)。

ある1日のスケジュール

10:00〜 出社/一日のタスクを確認 1日のタスクを整理
11:00〜 朝の会 チーム全体で1日に行う仕事の共有・全体連絡を行う
12:00〜 運営計画ミーティング 直近1・2週間のイベント計画の確認を行う
13:00〜 お昼休憩
14:00〜 データ作成 ユニットやクエストの制作、データのチェック等を行う
15:30〜 企画ミーティング 新しいイベント制作のための打ち合わせや、直近行っていたイベントの振り返りを実施
17:00〜 セレモニー KPIの共有や各部署の進捗共有、今後のイベントの共有を行う
18:00〜 データ作成 ユニットやクエストの制作、データのチェック等を行う
20:00〜 夕会 1日の作業報告と1日の進捗確認をプランナーチームで行う
21:00 退社

その他の仲間を知る