Culture

私たちの社風
あなたと共有したい価値観

各事業部・部署の役割、ビジョン、バリューのご紹介。
また、私たちの働き方や働く環境についてご紹介します。

Mission

楽しいね!を、
世界中の
日常へ。

私たちの使命は、世界中の一人でも多くの人々の日常に、家族や友達と「楽しいね!」と笑いあえるひとときを届けることです。

国・言語・文化・年齢・性別などあらゆる壁を越えて誰もが楽しめるプロダクト・サービスを創り、コミュニケーションを通じた「笑顔」を世界の隅々まで広げていきます。

各事業部・部署ごとの特徴と、
VISION・VALUE

ワンダープラネットは、ミッションの実現を目指し、各事業部・部署ごとに
ビジョンとバリューを持って、チームワークで日々の仕事に取り組んでいます。
各事業部・部署がどのような姿勢で仕事に取り組み、
何を目指して働いているかをご紹介します。

ユニバーサルゲーム事業部

ユニバーサルゲーム事業部は0からゲームを企画し、開発・運営の全てを行う事業部です。 スマートフォンの普及に伴い、ゲームは一部のゲーマーだけがプレイするものではなく、多くの人々の娯楽へと広がりました。だからこそ、我々が提供するのは、身近で生活に密着した、人の人生を豊かにするためのゲーム。言うならば「究極の日用娯楽サービス」です。

Vision

スマホゲームを通じて
世界中に繋がりと夢中を生み出し続ける。

Value

  1. ゴールドリブンで動こう
  2. オーナーシップを持とう
  3. ユーザー満足を追求しよう
  4. 尊重して活かし合おう
  5. より良い方法を追求し続けよう
  6. 共にレベルアップしよう
  7. 挑戦を賞賛しよう

特徴と求める人物像(note)

グローバルマーケティング&
クリエイティブ事業部

グローバルマーケティング&クリエイティブ事業部は、ビジョン「世界中にワクワクを届け、繋がりとHEROを生み出し続ける。」のもと、世界市場にサービス展開する「海外展開力」に強みを持つ事業部です。日常をワクワクさせるローカル市場にウケる熱狂を生み出す運営を仕掛け、世界中の人が集まるコミュニティを創造・運営します。

Vision

世界中にワクワクを届け、
繋がりとHEROを生み出し続ける。

Value

  1. ファンを楽しませる必殺トレンド仕掛人であれ
  2. 舞台は全世界!100万DAUタイトルを作るための視点を持ち続けよ
  3. プロジェクト全体思考を持ったチームであれ
  4. 自力でゴールする実行力を発揮せよ
  5. 常に挑戦し、自身の変化を楽しもう

特徴と求める人物像(note)

EDMO(Engineering and Design Management Office)

EDMO(呼称:エドモ Engineering and Design Management Office)は、特定のプロダクトに寄らず、エンジニアリングおよびデザインの領域において、開発基盤の整備と戦略的な技術育成を全社視点で主導する組織です。エンジニアリングおよびデザインの領域において、プロジェクトマネジメント、魅力的なエンジニア、デザイナー組織づくりを行います。

Vision

専門性の高いエキスパート集団として、
全社の技術やサービス、プロダクトチームの継続性を支え、
ワンダープラネットのエンジニアリング&デザイン力を
世界に誇れるものに。

Value

  1. みんな幸せすべての人に価値を届ける
  2. 一緒にプロダクトチームと共に考え、成果を最大化する
  3. トップクラス業界トップクラスの視点と専門性で考える
  4. アウトカム常に成長にこだわりを持って行動する
  5. 一石三鳥根本的課題解決や付加価値を生み出す戦略を取る

特徴と求める人物像(note)

人事広報部

人事広報部は、会社の将来をつくる人材の採用と育成を担う人事業務と、事業成長に貢献するために社内外のさまざまな方面に向けた情報発信を行う広報活動を担当する部署です。ワンダープラネットに関わる全てのステークホルダーがワンダープラネットに誇りを持ち、喜怒哀楽を共にするファンになっている状態の実現を目指し、活動しています。

Vision

全てのステークホルダーが
ワンダープラネットのファンになっている。

Value

  1. 組織に活力を与える
    「人と発信」のプロ
    最高のチームを生み続ける土台を、
    最高のクオリティでつくろう
  2. 太陽のように
    ポジティブであれ
    明るい未来(ビジョン)になるよう何事にも
    前向きに取り組み、活気溢れる会社にしよう
  3. 圧倒的な
    ホスピタリティ
    ビジョンを達成するためにはどうしたら良いかを
    相手の立場に立って行動しよう
  4. 定性・定量データに
    基づいた運営
    ゲーム運営同様、人事施策も定性・定量の
    両データを取得し、継続して改善していこう

特徴と求める人物像(note)

コーポレート部

コーポレート部は、経理税務、財務IR、労務総務、法務、など、コーポレート機能全般を担う部署です。各メンバーが高い専門性と健全な倫理観を持ち、全ての物事に対して本質を追求し、チーム内のコミュニケーションの最適化に努めています。会社の安定と社員の安心を実現する役割に従事し、各ステークホルダーを笑顔にすることを目指します。

Vision

高い専門性を持ったチームが本質を追求し続け、
会社の安定と社員の安心を実現し、ステークホルダーを笑顔にする。

Value

  1. 最適な選択を続ける正解は複数の時も、
    その時その時の最適な選択を信じて進むしかない
  2. 健全な倫理観を持つベースに法令遵守、人として正しいのか
  3. 本音で正直に
    話し合う
    コミュニケーションは、シンプル/ストレートに
  4. お互いを応援し
    賞賛する
    チームワークには双方向の理解とリスペクトから
  5. 役割を超えて
    フォローし合う
    誰しもが機能の垣根を超えて関わり合う、相互に協力し合おう

特徴と求める人物像(note)

Working Culture

働く環境について

週1オフィスデー 
週4リモートデー

週4日のリモートデーでは開発・制作・オペレーション・ルーティン業務などの「現在をつくる仕事」に集中。週1日のオフィスデーはチームごとに曜日を固定。オフィスデーには集中的なコミュニケーションや議論を必要とする業務、チームワーク向上に繋がる業務といった「未来をつくる仕事」で業務内訳の最適化を行っています。

バーチャルオフィスで
コミュニケーション

リモートワークにおけるコミュニケーション課題を解決するため、バーチャルオフィスを導入。リモートワーク中のコミュニケーションや雑談は、バーチャルオフィスで行っています。

入社前に届く
Welcome Box

「入社が楽しみになってほしい」との思いを込めて、メッセージカード、ロゴ入りTシャツ、ロゴのステッカー、入社後の業務に役立つ書籍などを封入したBOXを入社前にご自宅へお届けしています。

毎月オンラインで開催される『団結会』と
半年に一度に開催される全社キックオフ『超団結会』

全メンバーがオンラインで集まる社内イベント。部署ごとの最近の出来事を知ることができるコンテンツや、社員表彰など、盛りだくさんの内容です。

会社も、チームも、メンバーも
成長するための仕組み。OKRとは。

OKRのOはObjectives(目標)、KRはKey Results(主要な結果)。会社やチームが一丸となって事業を大きく成長させていくための仕組みです。また、メンバー個人のOKR設定もしていくので、自己成長も実現させることができます。

ウィンセッション

OKRの運用では、チームメンバーが集まり、1週間の仕事の成果を褒め、称え、拍手を送り合うミーティングを行っています。ペンライトやベル、銅鑼などで盛り上げるチームもあります。

「ありがとう」を送り合う
ピアボーナス制度

メンバー同士が、日々の行動に対し感謝と称賛のメッセージを送りあうピアボーナス制度『ワンダーチップ』を導入しています。メッセージと一緒にポイントも送ることができ、ポイントは1ヵ月毎にギフト券と交換できます。

産休・育休取得の実績

男女問わず育休取得、職場復帰の実績があります。1年間の育休を取得して復帰した、子育て奮闘中の男性エンジニアや、産休・育休から復帰し、子育てと両立しながら働く女性プランナーもいます。職種や性別関係なく多くの取得実績があり、社員が家庭と仕事の両立を実現できるよう、チームで仕事をフォローしあっています。

エナジースポット

オフィスの片隅にはエナジースポットがあります。バリエーション豊富なスナック菓子、チョコレート、アイス、ドリンクなどが置かれ、社員のコミュニケーションのきっかけになっています。

服装、髪型の自由度100%

リモートデー、オフィスデーに関わらず、服装・髪型・髪色は自由です。あなたらしいスタイルでどうぞ。

フリーアドレス

オフィスはフリーアドレス。オフィスデーには、早く来た人から順番に自由に席を選んでいます。集中しやすい場所を選んでください。

エンジニア技術交換会

月に1回、ワンダープラネットの全エンジニアが集まる技術交換会を開催しています。ナレッジ共有や自己紹介LTなど、エンジニア同士の情報交流や知識のインプット、アウトプットにつなげています。

リモートワーク手当

全社員を対象に、毎月1万円のリモートワーク手当を支給しています。リモートワークの作業環境の整備や、リモート下でより快適に業務を行うためのグッズ購入に充てている社員もいます。

3つのエリアに分けたオフィススペース

コミュニケーションやディスカッション、共同作業のための「コワーキングエリア」。個人作業に集中するための「デスクエリア」。会議や来客のための「ミーティングエリア」に分け、オフィスを使い分けています。

全社員へのMacBook Proの支給

リモートワーク下での端末起因のストレスを少しでも減らし、どんな職種でも十分なパフォーマンスを発揮できるように全社員へMacBook Proの支給を行っています。