Message

あなたに伝えたい
ワンダープラネットの
これまで

業界で最後発と言われるほどのネイティブ・スマホゲームの
会社として創業し、世界中にスマホゲームを配信する企業へと
躍進したワンダープラネット。
ここでは、創業から現在までのストーリーを少しだけ振り返り、
私たちが大切にしていることをご紹介します。

Topic.01 - Origin

付箋に夢を書いて壁に貼り付け、
ゲーム開発に没頭した黎明期。

2012年、7名の創業メンバー、名古屋の小さなレンタルオフィス。
「世界中の人を楽しませるスマホゲームをつくる」という
夢だけを胸に、熱意だけはどこにも負けない創業時代でした。
挫けそうな時は、付箋に夢を書いて壁に貼り付けました。
多くの失敗をしましたが、それすらも楽しくて、
改善を繰り返し開発に没頭する毎日でした。
客観的に見れば成功と言えるような体験に辿り着いた時も、
それがゴールだとは誰一人思っていませんでした。

Topic.02 - Turning

会社の転換期となった、
クラッシュフィーバー。

会社設立からゲームをつくり続けて4作目のタイトル
「クラッシュフィーバー」が、2015年7月8日にリリースされました。
これまでの反省点をもとに「誰のためにゲームをつくるのか」
という根本から考え直したタイトルでした。
リリースから現在まで改善を重ね続けたかいもあって、
「多くの人に楽しんでいただけている」という
実感を得ることができました。
ここから、ワンダープラネットらしい
ゲームづくりが始まる転換期となりました。

Topic.03 - Step

世界中の人に楽しんでもらえる
ゲームをつくろう。

2015年12月、東京オフィスを開設しました。
海外のゲーム市場におけるマーケティングについて豊富な知識を持つ
メンバーが加わり、本格的な世界市場への挑戦が始まったのです。
今後もリリースが続く新しいタイトルを、海外展開を専門に担うチームが
世界市場で安定的に運営していく。
「楽しいね!を、世界中の日常へ。」という
ミッションを達成するために、海外展開を一手に担う
東京オフィスの存在は欠かせないものでした。

Topic.04 - Next

ミッション策定
「楽しいね!を、世界中の日常へ。」

2016年5月、コーポレートロゴをはじめとする
CI(コーポレートアイデンティティ)のリニューアルを行い、
会社のミッションを明文化しました。
改めて会社の未来を見据えた時、
全員の胸の内に秘めた思いを言語化する必要性を感じたのです。
創業当時から持ち続けてきた「世界」を視野に
見据えた姿勢もキーワードとして明文化されました。
私たちはこの先もずっと、世界中の、
一人でも多くの人々の日常に「楽しいね!」を届ける企業であり続ける。
企業の社会的使命・目指すべき姿を全員で再認識しました。

Topic.05 - Growth

楽しく、真剣に働こう。

7名で始まり、やがて20〜30名に仲間が増え、
今では200名を越える社員が在籍する会社へと成長しました。
過去、成長の過程ではチームづくりがうまくいかず、
壁にぶつかったこともありました。
その中で「挑戦」と「心理的安全性」には密接な関係があると感じ、
社員が挑戦しやすい土壌を作るために試行錯誤をしてきました。
そのうちの一つがチームビルディングです。
全員が同じ方向を向き、
一人ひとりの主体性や自走力を高めるために
心理的安全性の高い環境づくりを大切にしています。
楽しさを世界に届けるためには、
私たち自身がゲームづくりを楽しめる環境が欠かせません。
その考え方は、リモートワークが中心になった現在でも
変わることはありません。

Topic.06 - Jump

やっと立てた、
上場という新たなスタート地点。

2021年6月10日、ワンダープラネットは
東京証券取引所マザーズ(現グロース)へ上場しました。
代表の常川は創業当時から、上場を通過点の一つとして定めていました。
その思いは上場後も変わらず、
ミッション「楽しいね!を、世界中の日常へ。」の実現に向けて
前だけを見続けています。
地元の名古屋で起業し成長していく会社をつくるからには、社会に
必要不可欠な存在であり、自分自身の寿命よりも
長く続く会社にすることを目指したのです。
上場当日には、リモートで働く全社員の自宅に、
代表の常川からの手紙を添えたノベルティが送られました。

代表からのメッセージ全文はこちら(note)

Topic.07 - Challenge

世界中の人に楽しんでもらうことを
常に考え続けて。

世界を視野に入れた事業展開の中で、
新たな挑戦にも乗り出しました。
その一つが世界同時配信です。
日本と同じタイミングで、アジアのみならず
ヨーロッパ・北米など全世界へ同時配信します。
これを可能にしたのが、東京スタジオの存在です。
海外人材が多く在籍し、また海外のマーケティングに強みのある
東京スタジオがあれば、世界同時配信に必須のスピーディな翻訳や、
各国の文化に対応するカルチャライズが可能です。
世界を視野に入れた事業展開は今後、ますます加速していきます。

Topic.08 - Future

「楽しいね!」を届けよう、
私たちと一緒に。

私たちの仕事は、世界中の一人でも多くの人々の日常に、
家族や友達と「楽しいね!」と
笑いあえるひとときを届けることです。
仕事の中には、非常に泥臭く地道な一面もあります。
それでも、
「ゲームが好き」「誰かに楽しんでもらいたい」
「笑顔にさせたい」「いいものをつくりたい」
という気持ちを持っていることがとても大切です。
もしあなたが、そうした思いを持ち合わせているのなら、
私たちと一緒に、私たちにしかできない
「楽しいね!」を世界中に届けていきませんか。

「楽しいね!を、世界中の日常へ。」