名古屋スタジオについて

共に働く仲間の挑戦を
応援し称え合う文化

名古屋スタジオは0からゲームを企画し、
開発・運営の全てを行う「モノづくり」のスタジオです。
スマートフォンの普及に伴い、ゲームは一部の
ゲーマーだけがプレイするものではなく、
多くの人々の娯楽へと広がりました。
だからこそ、我々が提供するのは、身近で生活に密着した、
人の人生を豊かにするためのゲーム。
言うならば「究極の日用娯楽サービス」です。

Vision

我々のゲームが一人ひとりの活力になり、
毎日笑顔がつながっていく世界。

Value

  1. オーナーシップを持ち
  2. リスペクトできる仲間と共に
  3. ユーザーファーストで考え
  4. トライをして、経験値を集め、一人ひとりが
  5. レベルアップしよう

責任者インタビュー

鷲見 政明

取締役CPO 名古屋スタジオ管掌

1982年生まれ、岐阜県出身。2012年に創業メンバーの一人としてワンダープラネットにエンジニアとして入社。主要タイトル「クラッシュフィーバー」「ジャンプチ ヒーローズ」の開発時およびリリース時に事業責任者(プロデューサー)を務める。2016年に執行役員に就任。2018年から名古屋スタジオ長に就任(現任)し、2021年11月に取締役CPOに就任。

名古屋スタジオの特徴を教えてください
オリジナルタイトルやIPタイトルを企画・開発・運営しているスタジオです。そのため、自分達がつくったゲームで多くのユーザーへダイレクトに価値提供ができる実感を味わえる所が大きな魅力です。
特徴的なのは、職種に関わらず異業種から転職し、キャリアをスタートしているメンバーが多い点です。現在活躍中のエンジニア、デザイナー、プランナーなど多くのメンバーが、共通して持っていたのは「ゲームが好き」「ゲームづくりに関わりたい」という熱い思いでした。確かに経験やスキルも大事です。しかし、私たちが新しいメンバーを迎えるにあたって一番大事にしているのは、会社のミッションやスタジオのビジョンに共感できるかどうかという点です。名古屋スタジオは、一緒に働くチームの仲間をリスペクトし、自分の成長と会社の成長に向かって主体的に挑戦するメンバーがたくさんいる場所です。
どんなことを大切にしていますか?
「挑戦する人を応援し、称賛する。」この意識を当たり前に持っているチームづくりを大切にしています。人間ですから、挑戦をすれば失敗することもあります。しかし、失敗した原因を振り返り改善することでレベルアップにもつながっていきます。大事なのは、失敗を責めるよりも、挑戦した勇気を称えるチームであることです。
そのためには、リーダーの存在が重要だと思っています。チームのメンバーが未知の領域に挑むとき、どうすれば成功に近づけるのかを一緒に考えることのできるリーダーがいれば、チームの中に挑戦する気風が自然と生まれてくるはずだと思うからです。共に働く仲間の挑戦を応援し、称え合う文化を大切にする意識と組織づくりの両面から、チーム力を強化しています。
名古屋スタジオが求める人物像を教えてください
「こうなりたい」「こんな仕事がしてみたい」と、自分なりの目標を持っている人が成長していける環境があります。現在活躍中のメンバーも、職種に関わらず、常に「今の自分の技術・スキルよりも少し上の領域に挑戦したい」という思いで仕事に取り組んでいる人が多いです。そうした意識を持っている人は、成長も早いと感じています。
また、私たちのゲーム開発にはひとつのプロジェクトに数十〜百人以上の人が関わっていますので、チームワークが何より大事です。自分の専門領域の仕事だけに集中するのではなく、時にはエンジニアやデザイナー、プランナー、マーケティングといった職種を超えて意見を交わし合うことも必要です。そうして職種や部署の垣根を超えて多くのメンバーと協力しながら、一つひとつの壁を乗り越えていく中でやりがいや成長を感じられると思います。

一覧に戻る